てぶら編集長の日記

広告マーケティングをやっているミニマリストの物欲ブログ

ブログは移転しました。 約3秒後に自動的に移転先へ遷移しますのでお待ちください。

自動的に切り替わらない場合は以下のURLをクリックしてください。

ワンセグチューナーhiwasa miniでiPhoneにテレビが降ってきた

今回の紹介するのはUSBワンセグチューナー、PCTV-hiwasa mini。

iPhoneマニアにとってかなり魅力的な機能があったので購入してみた。

USBワンセグチューナー自体はもう別に珍しくないし、すでにひとつ持ってたが、このhiwasa miniは一味違う。

iPhoneやiPod touchを使ってて、自宅に無線LAN環境があるなら、むしろ即買いだ。

なんとhiwasa miniでPCに録画した番組はiPhoneにダビングできるのだ。

しかもダビング操作はPCではなく、ぜんぶiPhone側でやる。

その際PCにつなぐ必要はなく、TVPlayerという無料アプリをApp Storeからインストールしておくだけ。

ほかにもiPhoneに動画を入れる方法はいくつかあるが、ファイルの変換やら転送が面倒で、とても常用する気にはなれなかった。

hiwasa miniは転送速度も問題なく、ウチの環境では30分番組のダビングが1分ちょいで完了する。

これなら前日の夜に録画した番組を、朝の支度してる間にiPhoneにダビング、という使い方も現実的。

まさに朝メシ前。

いままでブルーレイレコーダーでチェックしてた番組も、あえてワンセグで録画して、外出中のすきま時間に視聴できる。

「ケータイのワンセグのが早いじゃん」という声も聞こえてきそうだが、ケータイのワンセグ電波は弱すぎてラグ(映像遅延)がひどく、まるで視聴に堪えない。


録画機能なんて使ったとたんに重くなり、その間ほかの操作にもストレスを感じる。
もし録画中に電話がかかってきたら…なんて考えると、とても危なっかしくて使えないのだ。

ところがこのスタイルなら、当然録画だから電波も関係ないし、見たい番組だけをCMなしで楽しめる。

今回紹介したPCTV-hiwasa miniはMac専用だが、先日Windows XP/Vistaでも同じことができるSEG CLIPという商品も発売された。

iPhoneで手軽にテレビが見たいと考えてた人には、かなりおすすめだ。