てぶら編集長の日記

広告マーケティングをやっているミニマリストの物欲ブログ

ブログは移転しました。 約3秒後に自動的に移転先へ遷移しますのでお待ちください。

自動的に切り替わらない場合は以下のURLをクリックしてください。

近所のバーにてアフリカ中央テレビのクルーと遭遇した

自宅マンションの向かいにこじんまりとしたライブバーがあって、たまに飲みにいきます。

オレの好きなR&BやSOULを流してくれて、リクエストすると何でもかけてくれる。

なにより、酔っても1分で帰れるのがいいですな。

昨日もふらっと寄ったら、ちょっとしたパーティが催されており、なにやら盛り上がり中。

ライブスペースでは女性二人がピアノ一本で"His Eyes Is On The Sparrow"を歌ってました。

たまたま座ったソファの隣にいた黒人男性が、しばらくするとステージに呼ばれた。
ビール飲みながら「あれ、どっかでみた顔やなぁ」と思って見てたら…

その男性はなんと、"ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!"でたびたび登場する"アフリカ中央テレビ"クルーのディレクター役の人だったのです!


え、マニアックすぎて知らない?

カメラマンの横で「ボケて」などカンペを出して、ダウンタウンに突っ込まれてるドレッドの人ですな。

そんなクレイグ(本名)はステージでR. Kellyの"I Believe I Can Fly"とJames Bluntの"You're Beautiful"を熱唱。

けっこう上手い。。

R. Kelly好きのオレとしては小声でハモらずにはいられませんでした。。

少しだけお話させていただいたが、とても腰の低い人で優しい雰囲気。


ありがとうクレイグ。
こんどライブ見る時は「ボケて」ってカンペ出すよ。