てぶら編集長の日記

某ポータルサイトのWebディレクター兼編集長が日常を語るブログ

ScanSnapは買ってよかった!


引き続きスキャンネタ。

自分が使ってるのはPFUScanSnap S1300というモデルで、このシリーズでは中級クラスの製品。

ドキュメントスキャナと言えば的なポジションを確立したScanSnap

上位モデルのS1500も欲しかったんだが、たかがスキャナに5万の価値は当時見いだせなかった。

でも今ならその威力を知っているので、値段相応の価値はあると思う。
迷ったらS1500にすべし。

ドキュメントスキャナーの快適さは一度使うと手放せなくなるほど
デジタル化の対象は、なにも本や雑誌だけではない。

デスクやカバン、財布の中に散乱している、ありとあらゆる書類をスキャンしてしまえば、部屋がすっきりして精神衛生上もよさげだ。

例えば、出先でもらったプリントや楽譜、よく使うチャイナクイックのメニュー、
たまにしか見ない家電の取説、交換した名刺など、とにかくひたすらスキャンしまくる。
手順は書類をセットして青いボタンを押すだけ

スキャンしたデータはパソコンに保存してもいいし、直接Evernoteにアップしておける。
スキャンが終わると自動でソフトが起動する

これまた紛失の心配がなくなる上に、OCR処理されたデータは文字を認識するので、
検索ですばやく見つけられるようになるのだ。
読み込んだ書類の内容は文字もデータとして認識され、検索の対象になる

昔もらった名刺など手元になくても、Evernoteで「鈴木 名刺」とキーワードを入れれば
何年前のファイルであろうと鈴木さんの名刺をピックアップしてくれる。
家電のトリセツなど、知りたい項目について検索すれば直接そのページが開ける。

こうなると、「もっとスキャンするものないか」とさえ思うようになる。

すぐ捨ててたクレジットカードの利用明細やレシートも、スキャンしてから捨てるようにしたら、「これで万が一何かあっても対応できる」という安心感から気持ちよく処分できる。

どんどん紙の情報をなくして、
「管理しなければならない、覚えておかねばならない」
から開放されたい。