てぶら編集長の日記

某ポータルサイトのWebディレクター兼編集長が日常を語るブログ

正月は鹿児島へ行ってきました

今年もよろしくお願いします。


正月は母、妹、祖母と4人で鹿児島へ旅行してきた。
「砂風呂に入ってみたい」という祖母のリクエストに応えた形だ。

鹿児島の気候は大阪や東京に比べると、寒さが少しましに感じた。
鹿児島から1時間半ほど南下した指宿・枕崎に宿を取っているので、レンタカーで空港から出発。

到着した枕崎は、のどかな田舎町。

さっそく名産であるカツオ料理でも食べようかと探したが、元旦ということもあり飲食店はほとんど休業中。

しかたなく普通のファミレスでランチを摂ることに。
続いて向かったのは、火之神公園という場所。

第二次世界大戦末期に、戦艦大和が沈没したという東シナ海に面した祈念公園だ。

映画「男たちの大和」のロケ地でもあるそうだ。

旅館について部屋で一休み。

オーシャンビューで広々としたいい部屋だった。
しばらくして夕食。

カツオのあら炊きにカツオのたたき…カツオだらけ。
大浴場は、「大」を付けるほどの規模でもなかったが、露天風呂の温度が低めで長居できたのが気持ちよかった。

2日目は、まず午前中に釜蓋神社というパワースポットへ行き、初詣と洒落込んだ。

ここでは釜蓋を頭に乗せて鳥居をくぐると縁起がいいとかなんとか。

母も妹も、大きな釜蓋を手で支えながら通る中、隠れた才能を発揮したのは祖母だった。

なんとフリーハンド。74歳でこの安定感は大したものだ。

続いて昼食にそうめん流しで有名な唐船峡へ向かった。

流しそうめんはでっかい竹筒を半分に割ったところに上から流れてくるのを想像していたが、なんと家庭用だった。

ここではニジマスの塩焼きがおすすめ。美味。

その後ついにお待ちかねの砂風呂へ入るべく、指宿の「砂むし会館 砂楽」へ。

砂風呂にカメラを持っていくのを忘れたので冒頭のイメージショットでご勘弁を。

夜は空いた時間を見つけて原稿の執筆があったり、完全にオフれなかったのが残念だが、なかなかゆっくりできた。

まぁ今月は合計3回も温泉に行く予定があるので、そっちでも楽しもうと思う。

そういえば、旅館の部屋でのネット環境は、有線LANが用意されていたが、MBAには無用の長物であり、使えなかった。
結局ずっとBlackBerryテザリングしてたが、iOS機器も使えると便利だなぁと思ったので、今後のことも考えてAirMac Expressの購入を真剣に検討したい。