てぶら編集長の日記

某ポータルサイトのWebディレクター兼編集長が日常を語るブログ

インターネットFAXの存在を知る

家で仕事をするうえで必須なのがFAX。

ずっと買おうと思ってたが、いよいよ必要に迫られてきたので購入を決意。
通話する場合も電話代がケータイ使うより安いしね。

プロバイダのオプション「ひかり電話」を300円でつけて、
FAX機を買おうとヨドバシカメラを物色してみた。

購入条件としては
①強制的に印刷するのではなく、SDカードなどに保存できること
まずこれが大事。紙の無駄を省きたいし、最終的にはスキャンしてデータ化しないとバックアップもできないので。
②通話はイヤホンやBluetoothヘッドセットでハンズフリーにできること
片方の手が電話で塞がってると作業効率ガタ落ちなので。
③できれば届いたファックスをすぐ確認したい
見てから印刷ってやつですな。

以上の条件で探したところ、パナソニックの「おたっくす」が良さげ。

ハンズフリーには対応してないのでスピーカーフォンで使うことになるが…
とりあえず目星を付けて、いったん撤退。
価格.comで調べるともう少し安く売ってるネットショップを見つけたので購入を保留した。
おそらく買うとしたらコイツだろう。

…しかし!

今日ある先輩に相談したところ、
「インターネットFAXにすればいいじゃん」
との助言をいただいた。

調べてみると、なんとも画期的過ぎるサービスだった。
なんで今まで知らなかったのだろうか。

提供してる会社はいくつかあって、軒並み月額1000円前後かかるが、
メールでFAXをやりとりできるというシロモノだ。

「相手のFAX番号@サービス名.com」
てな具合の宛先にPDFやWordなどの添付ファイルを送れば、
見事にFAXとなって送信できるのだ。

03から始まる番号も割り当てられて、受信も可能。
これまたメールでPDFになったFAXが届く仕組み。

インターネットFAX【eFAX】

なにこれ。
これで充分じゃない。
あとはウィルコムの「誰とでも定額」併用すれば
電話代もかなり抑えられるし。

うん、これで決まり!
早まってFAX買わなくてよかった!
あとはウィルコム買うだけ!