てぶら編集長の日記

某ポータルサイトのWebディレクター兼編集長が日常を語るブログ

iPad miniとBluetoothキーボード

発売当初から購入して愛用しているiPad mini
主に電子書籍リーダーとして使いたかったので、Wi-Fiモデルを購入した。


あくまでも出先のメインマシンはMacBook Airで、
iPad miniに関しても、通信する際は
BlackBerryiPhoneテザリングでまかなえるからだ。

ところが、仕事で「PC版のウェブサイトを相手に見せて説明する」という作業が多くなり、
立ったままでも取り回しの良いiPadを使う機会が激増した。

その都度BBやiPhoneテザリングをオン/オフするのが煩わしくなってきたので、
思い切ってiPad miniのCellularモデルを購入し、Wi-Fiモデルを下取りに出した。

キーボード+iPadMacBook Airと置き換えられるか?

LTE内蔵のタブレットは本当に快適で、買い換えて良かったと思う。
Apple Wireless Keyboard」を一緒に持ち歩けば、量の多い文字入力も苦にならない。
Cellularモデルなら書いた原稿をクラウド経由で即座にアップできるので、
続きを自宅のiMacですぐに書き始められる。

「GoodReader」や「Dropbox」などのアプリを駆使すれば、
パソコンなしでもファイルの扱いがそこそこできるため、
iPad miniだけで仕事を完結させられるケースも少なくない。

毎日持ち歩いていたMacBook Airをお留守番にする日が増えたので、
最近ではBB、iPhoneiPad mini、キーボードのみと、カバンがとても軽くなった。
カバンの中身公開はまた後日。

むき出しのキーボードは心配

ところが「Apple Wireless Keyboard」はフルサイズのキーボードなので、
単体でもそこそこかさばる。
そのうえ、キーがむき出しなのでカバンでの扱いに気を使うのだ。

iPadで使っていたLogicool製「Ultrarhin Keyboard Cover」のiPad mini版が先日海外で発売されたため、
日本での扱い開始を待っているのだが、いっこうに出ないのでシビレを切らしつつあった。
スタンドにもなるキーボード。日本発売が待ち遠しい大本命だ。

そこでいくつかの対策を考えた。
1,ポメラDM100
2,折りたたみBluetoothキーボード
3,純正のキーボードを保護するカバー

折りたたみキーボードという選択肢

とりあえず、前から興味のあった折りたたみキーボードを使って見ることにした。
さまざまなメーカーの製品をチェックし、
購入を決めたのはリュウド製の「RBK-3200BTi」だ。

選んだ理由は「ctrl」キーがAの左にある点と、
使い慣れたUS配列ながら「かな」「英数」キーがある点。
通常のUSキーでは、切り替えの際に「Alt」と「スペース」を
同時押ししなければならないため、この仕様はとても重要だった。

リュウドにして正解!

以前から折りたたみキーボードには興味があったが、
エレコムサンワサプライのキーボードをテストした際、
いまいちキー配列が使いづらかったので、敬遠していたのだ。
ところが「RBK-3200BTi」は、純正の「Apple Wireless Keyboard」には適わないものの、充分な使い心地。
タイピングする際のたわみもほとんどなく、壊れやすいイメージは払拭された。

さらに荷物が軽くなる

Apple Wireless Keyboard」は約300gで、
「RBK-3200BTi」は約190gとかなり軽い。
まぁ筐体がプラスチックで若干安っぽいのだが、目をつぶってもいいレベルだろう。
専用のケースも付属しており、カバンに放り込んでいても気を使わなくて良い。
コンパクトなので、女性のバッグでも十分収まるはずだ。

マルチペアリングにも対応

4台までの機器を記憶するので、
iPhoneでも使いたい時に、少ない手順で切り替えられるのもうれしい。
デスクがない場所ではiPad miniを置けないが、
iPhoneなら内蔵スタンドに載せられるため膝の上でも問題ない。

メールの返信で長文を書いたり、ブログを書くにも重宝するので、
「タッチでの文字入力は苦手だけど、わざわざPC持ち運ぶほどでもない」
といった人には特にオススメする。