てぶら編集長の日記

広告マーケティングをやっているミニマリストの物欲ブログ

ブログは移転しました。 約3秒後に自動的に移転先へ遷移しますのでお待ちください。

自動的に切り替わらない場合は以下のURLをクリックしてください。

iPad miniで使うのにおすすめのBluetoothキーボード「リュウドRBK-3200BTi」

発売当初から購入して愛用しているiPad mini。
主に電子書籍リーダーとして使いたかったので、迷った末にWi-Fiモデルを購入した。



通信する際はBlackBerryやiPhoneのテザリングでまかなえると思ったからだ。

ところが、仕事で「PC版のウェブサイトを相手に見せて説明する」という作業が多くなり、立ったままでも取り回しの良いiPadを使う機会が激増した。


その都度BBやiPhoneのテザリングをオン/オフするのが煩わしくなってきたので、
思い切ってiPad miniのCellularモデルを購入し、Wi-Fiモデルを下取りに出した。

キーボード+iPadはMacBook Airと置き換えられるか?

LTE内蔵のタブレットは本当に快適で、買い換えて良かったと思う。
ちょっとかさばるが「Apple Wireless Keyboard」を一緒に持ち歩けば、量の多い文字入力も苦にならない。
Cellularモデルなら書いた原稿をクラウド経由で即座にアップできるので、続きを自宅のiMacですぐに書き始められる。

「GoodReader」や「Dropbox」などのアプリを駆使すれば、パソコンなしでもファイルの扱いがそこそこできるため、iPad miniだけで仕事を完結させられるケースも少なくない。

毎日持ち歩いていたMacBook Airをお留守番にする日が増えたので、最近ではBB、iPhone、iPad mini、キーボードのみと、カバンがとても軽くなった。

むき出しのキーボードは心配

「Apple Wireless Keyboard」はフルサイズのキーボードなので、単体でもそこそこかさばる。
そのうえ、キーがむき出しなのでカバンでの扱いに気を使うのだ。


iPadで使っていたLogicool製「Ultrarhin Keyboard Cover」のiPad mini版が先日海外で発売されたため、
日本での扱い開始を待っているのだが、いっこうに出ないのでシビレを切らしつつあった。

スタンドにもなるキーボード。日本発売が待ち遠しい大本命だ。


そこでいくつかの対策を考えた。
1,ポメラDM100
2,折りたたみBluetoothキーボード
3,純正のキーボードを保護するカバー

折りたたみキーボードという選択肢

とりあえず、前から興味のあった折りたたみキーボードを使って見ることにした。
さまざまなメーカーの製品をチェックし、
購入を決めたのはリュウド製の「RBK-3200BTi」だ。


選んだ理由は「ctrl」キーがAの左にある点と、
使い慣れたUS配列ながら「かな」「英数」キーがある点。
通常のUSキーでは、切り替えの際に「Alt」と「スペース」を
同時押ししなければならないため、この仕様はとても重要だった。

リュウドにして正解!

以前から折りたたみキーボードには興味があったが、
昔エレコムやサンワサプライのキーボードをテストした際、
いまいちキー配列が使いづらかったので、敬遠していたのだ。
ところが「RBK-3200BTi」は、純正の「Apple Wireless Keyboard」には適わないものの、充分な使い心地。
タイピングする際のたわみもほとんどなく、壊れやすいイメージは払拭された。

さらに荷物が軽くなる

「Apple Wireless Keyboard」は約300gで、「RBK-3200BTi」は約190gとかなり軽い。
まぁ筐体がプラスチックで若干安っぽいのだが、目をつぶってもいいレベルだろう。
専用のケースも付属しており、カバンに放り込んでいても気を使わなくて良い。
コンパクトなので、女性のバッグでも十分収まるはずだ。

マルチペアリングにも対応

4台までの機器を記憶するので、iPhoneでも使いたい時に、少ない手順で切り替えられるのもうれしい。
デスクがない場所ではiPad miniを置けないが、iPhoneなら内蔵スタンドに載せられるため膝の上でも問題ない。

メールの返信で長文を書いたり、ブログを書くにも重宝するので、
「タッチでの文字入力は苦手だけど、わざわざPC持ち運ぶほどでもない」
といった人には特にオススメする。