てぶら編集長の日記

某ポータルサイトのWebディレクター兼編集長が日常を語るブログ

スタイラスペンならSu-Pen一択!

iPadでは手書き入力できるアプリもよく使う。
取材先や打ち合わせ場所によっては腰を据えてタイピングできない場合もあるので、
スタイラスペンで手書きメモをとることも少なくないのだ。

そして、アプリをより快適に使うにはスタイラスペンが欠かせない。
タブレット用のペンはさまざまなメーカーから販売されており、
書き味やグリップ感などそれぞれ特徴がある。

主要なメーカーのペンを一通り試した結果、
一年前から愛用しているのがメタモジの「Su-Pen」だ。


自分が使っているのは初代のシルバーモデル。
やや値は張るが、真鍮(しんちゅう)製のボディは高級感があり、
適度な重さもあるので、単純にモノとしても満足できるだろう。

一番の特徴は何と言っても、開発陣が研究し尽くしたというペン先。
多くのスタイラスペンが採用するゴムやシリコンではなく、
導電性の繊維を使っているため、タッチパネル上での「ひっかかり」が少ない。
反応がよく、すらすらとスムーズな書き心地を実現しているのだ。
素早い筆記でも文字が途切れず、的確に追随するのがうれしい。

欠点は、繊維であるがゆえ、汚れにやや弱い点だろうか。
実際に一年ほど使っているが、ペン先をよく見ると手垢なのか、
目詰まりしたような感じになり、タッチ感度が鈍くなってしまった。
あるいは、もしかしたら摩耗しているのかもしれない。
交換用のペン先も売っているが、2本で2200円とこちらも割高だ。

ただ、実際に使って比べてみると快適さが実感できるので、
使いやすいスタイラスペンを探しているのなら、ぜひとも試してみてほしい。