てぶら編集長の日記

広告マーケティングをやっているミニマリストの物欲ブログ

ブログは移転しました。 約3秒後に自動的に移転先へ遷移しますのでお待ちください。

自動的に切り替わらない場合は以下のURLをクリックしてください。

きしめんみたいなフラットケーブル「UrBeats」でBeats製品デビューした

BoseのMIEが断線して以来、Apple純正のイヤホンを使っていたが、久しぶりにカナル型のイヤホンを試してみたくなった。
今回ゲットしたのはBeatsブランドのエントリーモデル「urbeats」だ。
 
上位モデルの「tour」も気になったが、コスパを優先しての選択。
カナル型は音量を上げなくてもそれなりに聴けるので嬉しい。
 
気に入らないのは、歩いている時の自分の足音やケーブルの擦れる音まで耳に入ってくる点だ。
これはけっこうストレスになる。
 
また、自分は耳の穴がやや小さいためイヤーチップを選んでしまう。
ひとまず付属のシリコンチップを使っているが、イマイチ耳への納まりが悪いので、近々ウレタンチップに変更したい。