てぶら編集長の日記

広告マーケティングをやっているミニマリストの物欲ブログ

ブログは移転しました。 約3秒後に自動的に移転先へ遷移しますのでお待ちください。

自動的に切り替わらない場合は以下のURLをクリックしてください。

作図を見せるなら大きいノートを。EVERNOTE クラシックノートブックを使う

去年の12月に「IDケース with 保存するメモ」を買って使っていたのだが、最近はラフ作成などで意外に大きな作図スペースを必要とする場面が増えた。

 
さすがにこのサイズではラフを書いて見せるといった用途には向かないので、またしても紙とペンの環境を変える必要が出てきた。
 
ずっと使ってるモレスキンのサイズでも物足りないため、新しくA5相当のサイズを買ってみることに。
 
というわけで購入したのが「EVERNOTE クラシックノートブック」だ。
 
その名の通り、Evernoteとの連携をウリにしたモレスキン製のハードカバーノートで、程よいサイズが気に入ったので選んだ。
 
ひらくPCバッグの右ポケットにちょうど収まるのもポイントで、他のリングノートやメモ帳を引退させることでバッグの中身もスッキリした。
 
明日からこれで運用してみる。
 
EVERNOTE クラシックノートブック