てぶら編集長の日記

某ポータルサイトのWebディレクター兼編集長が日常を語るブログ

iPad発表から6年。私のiPad遍歴

スティーブジョブズiPadを発表して6年が経った。
すぐさま初代iPadを発売日に入手して以降、
先日手放したiPad mini 4まで、7台も買い替えてきた。

iPadは、まるでタバコのようなデバイスだ。
一度やめてもしばらくするとまた使いたくなる。
今回手放した理由は後述するが、まずは使用遍歴を振り返ってみたい。

iPadiPad 2
まず、初代iPadは当時の電波状況なども考えてWi-Fiモデルを選んだが、
次にぐっと軽くなったiPad 2セルラーモデルにした。

iPad miniiPad mini 2
そしてiPad miniが発売するとWi-Fiモデルに変え、
続くiPad mini 2もWi-Fiモデルを選んだが、
半年もしないうちに同じiPad mini 2のセルラーモデルに買い替え。
そこから1年ほどで、いったんiPadの使用をやめた。

iPad Air 2〜iPad mini 4
iPad Airは我慢できたが、Air 2でまた使ってみたくなりSIMフリー版を入手。
これは動作速度など考えても一番満足できたモデルで、仕事にもかなり重宝した。

ところがiPad mini 4が出ると、Air 2を売却して購入。
一時はこれだけで仕事をこなすほど使い込んでいたが、
レッツノートRZを使い始めてから出番が減り、
結果的には4ヶ月でお役御免となった。

さて、今回手放した理由。
一言で言うと、現状iPadで出来ることは
一部を除いてiPhoneMacでほぼ代用可能だから。

とはいえ、何でも使ってみないと分からないので、
今後も新モデルが気になったら買うだろう。

いまいちだと思ったらすぐに売ってしまうから、
実は出費としては大したことない。多分。。

初代iPad。いま思うと分厚かったし遅かった

かなり薄く軽くなって持ち運びまくったiPad 2

iPad miniのサイズは絶妙だ

当時ライターとして参加した特別編集ムック。楽しかった

iPad mini 2

純正レザーケースをつけたiPad Air 2とノート

最近手放したiPad mini 4