てぶら編集長の日記

某ポータルサイトのWebディレクター兼編集長が日常を語るブログ

メールは案外レガシーとも言えない

iOSからのブログ投稿は、シンプルかつ前時代的にメールでやっている。

メールは古いツールだと言われるが、個人的には活用できる範囲が広いし
サービスごとに対応非対応をあまり気にしなくてもいいというか、
動作も軽いし、ミニマリズム的にはまだまだ捨てたもんじゃないと思わせる部分が多い。

コミュニケーションにおいても、引用返信とCCという原理原則みたいなルールに則って使えば、チャットよりも利便性が高いとさえ感じる。
ただ、LINE世代にとっては「CCを徹底しなさい」とか「途中からCCに入った人がやりとりを追えるよう引用返信に設定しておくように」といった指示は、かなり面倒だと感じるのだろう。

そんな柔軟性の高いメールだが、ことタスク管理においては全く向かないと思う。
よく、忘れないように自分宛にメールを送っている、という人を見かけるが、2時間ぐらい説教したい衝動に駆られる。
そのメールは適切なタイミングで自分に通知をくれるわけでもないし、メモアプリに書いてそのままにしているのと同じだ。
やはりタスクはタスクとして扱えるツールでないと、仕事を前に進める補助としては機能しない。

いま使っているツール内をどういう経路でタスクが流れているかというと、まず①Workflowyに全てアウトプット(手動)→②1日の終盤にタスクを抜き出してTodoistへ(手動)→③日付を設定したタスクがGoogleカレンダーに表示される(自動)→④毎日たすくまがカレンダー内のタスクを取り込む(自動)→⑤上から順にタスクを処理する→⑥毎日ログをEvernoteにエクスポートしてナレッジとする
といった順になっている。①はほとんどの場合で省略できるので必須のツールとなると以下の通りだ。

・Todoist(タスク管理ツール)
Googleカレンダー(予定管理ツール)
・たすくま(タスク実行ツール)
Evernote(全データのターミナル)

この4つがあれば、仕事を前に進められる。そしてこの4つはすべてiPhoneだけで機能する。つまりほとんどの仕事にパソコンは必要ないのである。
昔は毎年のようにパソコンを買っていたが、もう3年ごとになった。今年買ったが次は5年後でもいいかもしれない。
その代わりiPhoneは毎年必ず買い換えるようになったので、コストダウンしているかは怪しい。