てぶら編集長の日記

某ポータルサイトのWebディレクター兼編集長が日常を語るブログ

娘の写真とSNSとの付き合い方を整理してみる

この記事を読んで、自分の「娘に関するSNSへの投稿ルール」を整理しておこうと思った。

 

娘の画像をアップする動機は私のエゴであり、そのエゴのせいで娘が何かに巻き込まれる可能性がある

 

僕は、基本的に「娘の顔が映っている単独写真」をSNSにアップすることはない。なぜなら、自分がそれをされたら気持ち悪いからだ。

考えてみてほしい。友人や家族が、自分の許可なく自分の写真をアップしているところをみたら、どう思うだろうか。

 

それが例えば、みんなで食事した席での集合写真や、旅行などイベントで撮ったツーショットとかなら分かる(それでも許可は取るべきなのだろうが)。

だから僕も、自分や家族が娘と一緒に映っている写真ならInstagramに載せることはある。

単純に「自分がされて嫌だと思うことを、相手が家族であってもしない」という行動原理に基づいているだけなのだ。

 

だが世の中には「自分の顔は積極的に出さないが、こどもの写真はガンガンアップする」親が一定数いる。

「自分の顔写真だけスタンプで隠した家族写真」をときどき見かけるだろう。

 こういう人たちは、ネットに顔がさらされるリスクを多少は理解しているはずなのに、なぜかこどもの写真だけはアップしまくる。

 

とはいえ僕の自分ルール「娘の顔が映っている単独写真はアップしない」では、少なくとも冒頭の記事にあるようなリスクを回避できるわけではない。

 しかし、こどもを使って自分の承認欲求を満たそうとするような大人にはならないように、これからも気をつけていきたい。

 

 

誕生日に着せた衣装が完全に虫。 #3歳誕生日

Seiji Murakamiさん(@sjmrkm)がシェアした投稿 -