てぶら編集長の日記

広告マーケティングをやっているミニマリストの物欲ブログ

ブログは移転しました。 約3秒後に自動的に移転先へ遷移しますのでお待ちください。

自動的に切り替わらない場合は以下のURLをクリックしてください。

社内の報告はアウトライナーと口頭で充分じゃないか?

月イチで各拠点の業務報告会があって、毎月現地に出張して参加している。

スタッフたちが1ヶ月やってきたことを把握し、適切なアドバイスと、向かっている方向にズレがないか確認するという目的で臨んでいるのだが、非効率に感じる慣習がある。

特に変えたいのが、数十秒しか見せないスライドをパワポで数時間かけて何枚も作って、まるで提携先の企業へプレゼンするかのような、かしこまった報告スタイル。

ウチも、そろそろ社内向けの報告はテキストのみで作成し、伝え方を工夫する方にフォーカスするべきじゃないだろうか。

news.allabout.co.jp

www.co-media.jp

具体的には、WorkflowyやDynalistで作った報告内容のアウトラインを、そのまま共有で見せるだけで問題ないと思っている。

現在の報告スタイルは伝統的にやってきたことなので、変えるのは勇気が必要だが、どんどん働き方が変わっていくなか、何かをやめないと新しいことはできない。

あとはどうやって上司の理解を得るか。ここでもまたプレゼン力が試される。。