てぶら編集長の日記

某ポータルサイトのWebディレクター兼編集長が日常を語るブログ

奥浜名湖の三ケ日町で極上のうな重を堪能!

お盆休みを利用して、静岡県は浜松市に行ってきた。

浜松といえば餃子も有名だが、今回の目当てはうなぎ。

浜松駅周辺を含め、10店舗を超える鰻重を食しましたが、三ケ日町に店を構える鰻屋の美味しさは、段違いです。

高城未来研究所「Future Report」Vol.367より

というわけで浜松駅からクルマで約1時間、奥浜名湖の三ケ日町を目指す。

正午過ぎに現地へ到着し、さっそく数軒訪ねたものの、いずれも10人以上の待ちがいたり、あるいは既に完売している。繁忙期とはいえすごい人気だ。

ようやくたどり着いたのがこちらの「勝美 三ケ日インター店」。

ここも駐車場はほぼいっぱいで、案内できるのは1時間後とのこと。そのまま車内で待つか、道路を挟んだ向かいにみやげ屋があるからそこで時間をつぶすよう促された。

 

なるほど。多くの人はうなぎを待つ間、ここでお土産を買ってしまうんだろうなぁ。上手いことできている。

 

しばらく時間を潰していると、バケツを引っくり返したような豪雨に見舞われる。目の前の電柱に雷が当たったらしく、店内は騒然としていた。

そうこうしているうちに1時間経ったが、雨の勢いは変わらず。みやげ屋で借りた傘も役に立たないほどズブ濡れになった。

 

ようやく店内へ通され、白焼とうな重をオーダー。天然うな重は「時価」が恐くて注文できない

 

静岡のご当地ビール。念のためだが妻のドリンクである。僕にはあったかいお茶が最高だ。

 

こちらは白焼き。しょうが醤油もあったが、わさび醤油が最高に合う。

 

娘は「お子様重(1,560円)」。ランチで1,500円超え!なんて贅沢な3歳だ。

 

妻はうなぎが3/4本乗った「勝美(3,400円)」を注文。これでもけっこうなボリューム感だ。

 

僕はうなぎがまるまる1本乗った「竹(4,050円)」を選んだ。まず身の厚さが凄い。

 

外はパリッと焼かれていて、中はフワッとした食感。空腹だったこともあるが、濃厚なタレの甘みとうなぎのボリュームがたまらない。満腹になった。

 

今回は頼まなかったが、うなぎ1.5本乗せた「松(5,800円)」や、2本乗せの「特(6,900円)」もある。この辺りはさすがに高過ぎて手が出ないし、そもそも食べ切れないだろう。

 

店員さんの接客も丁寧だったし、浜松にきたらぜひまた訪れたい。

 

M-1グランプリ2016 伝説の死闘! 〜魂の最終決戦〜 [DVD]

M-1グランプリ2016 伝説の死闘! 〜魂の最終決戦〜 [DVD]