てぶら編集長の日記

広告マーケティングをやっているミニマリストの物欲ブログ

ブログは移転しました。 約3秒後に自動的に移転先へ遷移しますのでお待ちください。

自動的に切り替わらない場合は以下のURLをクリックしてください。

僕がフッ素の入ってない歯磨き粉を選ぶ理由

昔から歯磨き粉があまり好きになれません。

 

あのいかにも化学物質を口の中に入れている感覚がどうにも気持ち悪いんです。

でも、どうせ歯磨き粉を使うなら体にいいものを使いたいですよね?

フッ素は体に良くない?

テレビCMでは「フッ素配合」を強調する製品がけっこう多いです。

あれは厚生労働省と医師会とマスコミが、モノを売るために手を組んで推進しているキャンペーンだといいます。

知られざるナチスが導入した「フッ素」の真実。「虫歯予防に有効」は本当?

そこで言われたのが「無料で出来るのでお得ですよ。」
「フッ素は虫歯予防になるのでやったほうがいいです。」
「皆さん当たり前にされてますよ。」といった内容でした。

メリットは説明してくれるけど、デメリットまで教えてくれる歯科医は少ないようです。そりゃそうだ。儲かるんだから

 

ところがフッ素の危険性を訴えている歯科医も少なからずいました。

当院でフッ素を使わない理由とは? - フレンズ歯科クリニック

現在予防歯科で行われている処理方法で作成した試料のラマンデータの分析報告が見当たらない。むしろ、論文に記載されている試料の処理過程は、歯科で行われている虫歯予防処理とはるかにかけ維れ、非現実的である。

猛毒のフッ素がどうして「歯に良い」ことになったか ( その他の病気 ) - 小樽・子どもの環境を考える親の会 - Yahoo!ブログ

歯科医も医者もジャーナリストも一般大衆も、公式に言われたことならそのまま受け取り、自分で調査する人はほとんどいないので、言われたことを事実として認めてしまう。

このようにフッ素は神経毒だという見方もあるため、個人的には自分や家族には使いたくないです。

娘の歯科検診でもフッ素塗布は断るように妻にも話しています。

 

具体的な被害はWikipediaの記事が詳しいです。画像がちょっと閲覧注意かも。

歯のフッ素症 - Wikipedia

オーガニックなものを使いたい

上記キャンペーンによって、ドラッグストアで手に入るほとんどの歯磨き粉にはフッ素が含まれているので、ネットで探すのが手っ取り早いと思います。

 

最近は天然由来の成分を中心としたオーガニック系の歯磨き粉もけっこうたくさんあるんですね。

いま我が家ではマジックソープで知られるドクターブロナー製の歯磨き粉を使っています。

質感は一般的な歯磨き粉とくらべてややゆるいと言うか、柔らかいので口の中で伸びが良い気がします。

よくあるペパーミント系で後味もさっぱり。

パッケージもスタイリッシュで洗面台がちょっとおしゃれになりそうです。

大事なのは安心感

フッ素なしの歯磨き粉を使ったからと言って、実際の効果としては大した差がないのかも知れません。

世の中に溢れているあらゆる毒をすべて避けて生きることもできないでしょう。

 

しかし歯磨き粉は自分で選んで買うのだから、簡単に変えられるはず。

 

メディアのゴリ押しを鵜呑みにして「テレビでCMやってるから」と何も考えずに使うのは危険です。

 

将来に渡って自分の体に蓄積していくものかも知れないのだから、思考停止せずよく調べて、納得できるものを使うべきだと思います。

 

僕は、シャンプーも歯磨き粉も欧州基準に準拠した製品を選んでいますが、この時代、日本にいても厳しい基準をクリアした欧州製品をオンラインで購入することは可能です。
今週は、スペインのビオスーパーで大量に買い込み、様々な商品を試していますが、配合内容うんぬんより、精神的安堵感を得られることの方が大きいと実感しています。
ですので、ご自身が安心できる製品ならなんでもいいと思いますよ、ストレスにならない程度の。

高城未来研究所「Future Report」Vol.328より