てぶら編集長の日記

某ポータルサイトのWebディレクター兼編集長が日常を語るブログ

故障はある日突然に!12年振りに冷蔵庫を買い替えた

自宅の冷蔵庫はそこそこ長く使っている。買ったのは三軒茶屋に住んでた頃で、すでに12年目だ。

f:id:sjmrkm:20180901181005j:image

マグネットで色んなものを貼っているあたり、生活感が出まくりで個人的にはちょっと微妙な感じだ。

氷が濡れている?

先々週の土曜から製氷機の氷がやけに濡れていると思っていたら、日曜になると冷蔵庫の方もドリンク類が軒並みヌルくなっている。

内部のツマミを最大にしても変わらないし、いよいよ故障したようだ。

 

中の物がダメになってしまうので、迷っているヒマはない。古い機種だからどのみち買い替えに行くしかないので、さっそく近所の家電量販店へ向かった。

コクーンシティに到着

自転車で近所のヨドバシカメラへ到着。いま気づいたが、床のタイルにもCOCOONと書いてある。

 

冷蔵庫売り場。たくさんあってかなり迷う。妻と30分ぐらいあれこれ言いながらぐるぐる歩き回っていた。

個人的にはタッチパネルが付いていたり、Wi-Fiを搭載しているスマート家電に食指が伸びたけど、値段がまだこなれていないので断念。

 

予算内でサイズ、カラー、性能と価格のバランスがよかったのがこちら。日立の68.5cmのモデル。この横幅が後に悲劇を生む。

 

2日後に搬入が来たと思ったら

娘を保育所に送って帰宅したらちょうどトラックが来ていて、家に入ると業者の方2名を妻が対応中だった。

なんと横幅がサイズオーバーで冷蔵庫が入らないらしい。

そんな。。68.5cmあったはずなのに。。

自分でサイズを測る際、白い壁からメジャーを当てていたため、この部分を見過ごしていた。

このぼっこり

名前なんて言うのか知らんがぼっこり

しかも設置予定の場所は三辺を壁に囲まれているくぼみなので、ぼっこりは両サイドにある。

こいつを計算に入れるとギリ搬入できないことが判明したのだ。

かなり気まずい空気が流れるが、呆けていても仕方ないので業者のお二人にはお引取りいただき、ヨドバシカメラからの連絡を待つことになった。

サイズ違いを購入

同じモデルで一回り小さいサイズがちょうど在庫ありとのことで、それで手を打つことにした。

二日後に届いたのがこちら。

村上家初の「自動製氷機」と「真空チルド」がどんだけ便利なのか分からないが、キッチンがなんとなくゴージャスな感じになった。

買ってから気づいたが、前面にはマグネットがくっつかない仕様みたいだ。

そうか、最近の冷蔵庫は表面の材質が金属じゃないのか。

ちょっと不便に感じることもあるかも知れないが、ペタペタ掲示物が増えないのでよしとする。

うーんよく冷える。これにて一件落着。