てぶら編集長の日記

広告マーケティングをやっているミニマリストの物欲ブログ

ブログは移転しました。 約3秒後に自動的に移転先へ遷移しますのでお待ちください。

自動的に切り替わらない場合は以下のURLをクリックしてください。

iPhone XSにフィルムを貼るのはやめたほうがいいのか?

iPhone 6で本体が丸みを帯びてから、保護フィルムを貼らなくなった。

「どうせ端っこにゴミが溜まって汚くなるに決まってる」と思って、潔くフィルムなしで使うことにしたのだ。実際、人のiPhoneを見ると汚くなっていることが多い。

そろそろいいだろう

時は流れて、いつの間にかペラペラしたフィルムだけでなく、ガラス製を謳った3000円とか平気でするような製品が出るようになった。

「3000円払って汚くなるのか」と手を出すことはなかったが、今回iPhone XSを買うに際して「さすがに出始めて数年経つし、汚くならないような工夫がされてるだろう。3000円もするんだし」と思って買ってみることにした。

まぁこれで1年大事に使って、また来年いい値段で売れるようにと思っていたのだ。

2日後

おい。

ぜんぜん治ってへんやんけ。

 

正確には、たしかに端っこが浮いてゴミが溜まるようなことにはなってない。

そこはメーカーの試行錯誤の結果、うまく吸着するように設計しているのだろう。

しかし、貼り付いている外側に粘着部分がはみ出ているのか、ガッチリホコリをキャッチしているではないか。

3000円出して汚くなってしまった

剥がすかどうかもう一日悩んでみるが、今から検討している人はやめたほうがいい。

それよりもAmazonでもApple純正のケースが買えるようになったのでそっちにしたほうがいい。