てぶら編集長の日記

某ポータルサイトのWebディレクター兼編集長が日常を語るブログ

ごりゅごcastは聴きたいけど聞きたくない

ごりゅごcastがとても面白い。

open.spotify.com

ポッドキャストは枯れたコンテンツと思っていたけど、まだまだいける。

と思わされた。

こんなにハマった番組はいとうせいこう&みうらじゅんの「ザツダン」以来だ。

いとうせいこう×みうらじゅん ザツダン+

いとうせいこう×みうらじゅん ザツダン+

  • 文化放送PodcastQR
  • 個人ジャーナル
  • ¥0

 

なぜ聴きたいか

デジタル情報整理やガジェットなど、自分の興味のある話題を取り上げているということに加えて、夫婦でそれを共有しているところがうらやましいというか、聴いていてとても楽しげだから。

ウチの奥さんはこういう方面にめっぽう弱いので話題が一方通行になりがちなのだ。

参考にしながら奥さんに色んな話題を振る機を伺っている。

 

なぜ聞きたくないか

これはScrapboxの話題になるとそうなるだけなので、タイトルを見てスキップすれば良いのだが、

何度も挫折しているScrapboxをごりゅごさんが見事に使いこなしているのが羨ましいのと、重たいEvernoteを我慢して使い続けることに決めた自分とのギャップが色濃くなるからだ。

聴くたびに「ああ、やっぱりScrapboxに移行するべきか」「いやブラケットで括る文字の表現の揺れが気になる」みたいなことをぐるぐる考えさせられる。

 

文章から音声・映像の時代か

僕はもともとライターなので、文章を考えたりテキストを入力する行為がとても好きなのだが、ひょっとすると情報発信はもう音声や映像のほうがいいのかもしれない。

ちょっと前なら「ギガが減る」とかで動画再生にも躊躇していたけど、自分も含めて受け取る側も抵抗なさそうな時代になってきたし。

まずはiPhone用のマイク買って、会社内向けの情報発信をやってみようかな。