てぶら編集長の日記

某ポータルサイトのWebディレクター兼編集長が日常を語るブログ

日本生命のまるごとマモルはミニマリスト向けのコスパ良き少額保険

最近、保険やら貯金やらいろいろ見直ししているのだが、普段の生活における損害補償みたいな保険は持ってなかったのでリサーチしてみた。

 

いろいろ探してみたが、日本生命の「まるごとマモル」という商品がけっこうコスパよかったので紹介する。

 

まるごとマモル - 日本生命保険相互会社

https://www.nissay.co.jp/kojin/shohin/sompo/pdf/kojin_mamechishiki.pdf

 

年2,000円以下で無制限の個人賠償がつく

調べてみると2018年の11月から始まったばかりの新しい商品で、こういう少額保険で無制限というのは珍しいらしく、ウリにもなっているようだ。

補償の対象になるのは

  • 自転車で他人をケガさせた
  • 買い物中に商品を壊してしまった
  • 階段で転んで他人を巻き込んでケガさせた

などで、自分がやりそうなのはこのあたり。

電車を止めてしまうとかは、まぁ無いだろう。

 

なんと持ち物の紛失や盗難、破損も補償してくれる

僕が加入を決めたポイントは、携行品損害保険金というオプションだ。

外出中に持ち物を落として壊してしまったときや、盗難や紛失などに遭った際に、1つあたり10万円まで補償してくれるというもの。

 

たとえばスマホを落として壊してしまった場合。

さすがに携帯キャリアで加入する補償のように新品を提供とまではいかないが、その時の価値を元に補償してくれるそうだ。

いまiPhone XSを壊したら半額ぐらいは返ってくるようなイメージだろうか。

 

契約したのは「携行品プラン<本人型>」という内容で、年間3,140円だった。

契約したその日に一括決済され、翌月1日から保険責任発生という流れだ。

 

他にももっとお得な保険はあるかもしれないが、またちょこちょこ調べてみようと思う。

 

ひとまずは「スマホを落として壊そうが、カバンをひったくりに遭おうが、経済的にはダメージが少なくて済む」という状態を作れたのは精神衛生上よかった。

 

iPhoneを裸で持つ勇気が沸いた

僕はApple Careには入らない。

1年ごとに買い替えるスマホに、3万も4万もする保険は割高と感じるからだ。

 

とはいえ10万円以上もするスマホを剥き出しで使えないほどには肝が小さい。

 

本当は剥き出しで使いたいのだ。

 

だから本体が大きくなってしまうのを我慢してレザーケースに入れて使っている。

 

しかし、万が一の保険が効くのであれば話は別だ。

 

これでまた、剥き出しで使う勇気が沸いてきた。

 

保険に入ってまたひとつ身も心も軽くなれたわけだ。

 

以下の動画も背中を押してくれた。

youtu.be