てぶら編集長の日記

某ポータルサイトのWebディレクター兼編集長が日常を語るブログ

研修センターという名のレジャー要塞が知多半島に出現!

愛知県は知多半島に、我が社の新たな保養施設が竣工。

さっそく全国編集会議の名の下に、各地からエリア責任者が集まり一泊二日の合宿を行った。

 

広すぎて家とは思えない

とにかく贅の限りを尽くした施設で、まず入り口は全面コンクリートの高い壁がそびえて内部が見えない。

リモコンキーで門が開き、中へ入ると建物傍に色んなフルーツの木や畑がある。

駐車場は畑の横に平置き約10台と、加えて裏へ回るとガレージに4台収容可能だ。

ガレージから玄関に入り、セキュリティを解除して入る。

 

ベッドは全部で20床!

一階には新品のタオルが500枚キレイに畳まれたリネンルーム、ミラーボールの付いたカラオケルーム、卓球台とダーツのある遊戯室、その奥に自動麻雀卓のある遊戯室2、隣には大浴場、トイレ、給湯室などなど。

二階に上がると2段ベッドが4台設置された寝室が2部屋。ここだけで16人泊まれる。

そして三階には50畳を超えるリビングダイニングと、オーシャンビューに溶け込むインフィニティプール。

キッチンの裏にはトイレがさらに2つあり、廊下の奥にはツインのゲストルームが2部屋。

 

自分の家だったら大変だ

他にも設備があったかも知れないが、覚えられないぐらいに広かった。

なんせ退室時のチェックリストが用意されていて、戸締り箇所が31もあるのだ。

戸締り開始から退出まで30分はかかった。

また来られるよう頑張ろう。

f:id:sjmrkm:20190630151527j:image
f:id:sjmrkm:20190630151520j:image
f:id:sjmrkm:20190630151524j:image