てぶら編集長の日記

某ポータルサイトのWebディレクター兼編集長が日常を語るブログ

【レジェンド】20年ぶりにB'zのライブへ行ってきた

小・中学生のころ夢中になったミュージシャンと言えばB'zだ。

ライブで稲葉さんお決まりのセリフ「B'zのLIVE-GYMへようこそ!」を20年ぶりに聞くため、お盆休み初日から仙台へ行ってきた。

深夜に出発

日程的に帰省ラッシュに巻き込まれるので、少しでも空いているであろう金曜の深夜に出発した。

f:id:sjmrkm:20190811172226j:image

那須高原あたりから湿度が低いのか明け方だからか、ずいぶん涼しい。

f:id:sjmrkm:20190811172240j:image

案の定、渋滞に巻き込まれる時間帯もあり、約7時間かけて仙台市へたどり着いた。

f:id:sjmrkm:20190811172258j:image

まず杜の市場で朝食を摂って、ライブ会場近くのスーパー銭湯で仮眠をとることに。

へんな雑魚寝。

f:id:sjmrkm:20190811172316j:image

午後には起きて、風呂でさっぱりしたところでいざ出陣!

会場近くはファンだらけ

f:id:sjmrkm:20190811172416j:image

会場近くにはバッグやタオルなど持ち物を見れば明らかにファンだと分かる人たちが徐々に集結してくる。
f:id:sjmrkm:20190811172424j:image

初めて来たセキスイハイムスーパーアリーナ。

ところで、こういう施設に企業名を入れるのやめてほしい

名前を聞いただけではどこにあるのかサッパリわからんのだ。
f:id:sjmrkm:20190811172412j:image

グッズ売り場でマフラータオルをゲット!
f:id:sjmrkm:20190811172418j:image

スタンド席だったが、超縦長のスクリーンがステージの両サイドに設置されていて、ライブ中はメンバーのお姿を大きく見られたので満足。

さすがのクオリティ

特筆すべきは、稲葉浩志のボーカルパフォーマンスが全くと言っていいほど衰えてなくて感動したこと。

去年の福岡公演のニュースを読んで以来、ちょっと心配してたけど完全に杞憂だった。

いやはや、大阪ドームでマイクなしの「遠くまで」を目撃してから20年。

2人とも50歳を越えているとは思えないほどパワフルなステージだった。

曲間の声援も途切れることはない。

B'zが30年経っても日本一のバンドでいられるのは、メンバーのたゆまぬ日々の努力と謙虚さ、それにファンの愛があるからこそなんだろうなぁと思った。

夜は国分町で食事

f:id:sjmrkm:20190811172430j:image

夜は国分町で食事。カツオのたたきが分厚い!


f:id:sjmrkm:20190811172438j:image

泊まったホステルが安くておしゃれでとても気に入った。

仙台来た時の定宿にしようかな。


f:id:sjmrkm:20190811172406j:image

さらば仙台!


f:id:sjmrkm:20190811172409j:image

帰りに牛タン丼。

とても楽しい2日間だった。

 

NEW LOVE (通常盤)

NEW LOVE (通常盤)

 

 

 

B'z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI- (DVD) (「HINOTORI」CD収録)

B'z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI- (DVD) (「HINOTORI」CD収録)