てぶら編集長の日記

広告マーケティングをやっているミニマリストの物欲ブログ

ブログは移転しました。 約3秒後に自動的に移転先へ遷移しますのでお待ちください。

自動的に切り替わらない場合は以下のURLをクリックしてください。

注文から3ヶ月!ようやく届いたNextraveler Toolsの「6WAY BRIEFCASE」を紹介します!

会員専用のECサイト「THIS IS NOT A STORE」でしか買えないNextraveler Toolsの「6WAY BRIEFCASE」が届きました。

 

注文したのが1月末なので今回は約3ヶ月で入手できたわけですが、さっそく写真で見ていきましょう。

 

外観からチェック

6WAY BRIEFCASEは、同ストアではおなじみダイニーマ(超高分子量ポリエチレンファイバー)でできたマルチラゲッジバッグ。

 

前回購入したBACKPACK 2.0同様、圧縮袋に入って届きました。

 

f:id:sjmrkm:20200428142619j:plain

BACKPACK 2.0と違って背中のクッション素材が無いからか、驚くほどペッタンコです。

サイズは一番小さい11Lを選んだのですが、正解でした。

f:id:sjmrkm:20200428142803j:plain

コンパクトで使いやすそうです

BACKPACK 2.0は自立しましたが、マチの小さいブリーフケースはどうでしょうか。

f:id:sjmrkm:20200428143003j:plain

空っぽでもちゃんと自立しました。生地の絶妙な硬さと薄さのおかげですね

背面からも見てみましょう。

f:id:sjmrkm:20200428143117j:plain

背面もシンプルで美しい

持ち手やショルダーベルトなどはフロントポケットにまとめて入ってました。

f:id:sjmrkm:20200428143225j:plain

全てレバー付きのナスカンで取り付けるタイプ

f:id:sjmrkm:20200428143507j:plain

よく見ると結束してるのは輪ゴムじゃなくてモビロンバンドかな?

ショルダーバッグとして使う用の長いベルトがひとつ、手提げ用のベルトがふたつです。

いずれも車のシートベルトのような質感です。

 

バックパック用のショルダーベルトは一般的な3WAY同様、ジッパーで収納できるようになってますね。

f:id:sjmrkm:20200428143801j:plain

これも使わない時は収納できます

このショルダーベルトは、縫い付けられている角度が僕の肩に合わせて調整されているので、背負い心地が悪くなると肩が歪んでいるサインになるとのこと。

f:id:sjmrkm:20200428144041j:plain

チェストストラップも付いているので安定して背負うことができます

下の部分にショルダーストラップを取り付けるDカンが隠れています。

f:id:sjmrkm:20200428144237j:plain

はて、これをどこに取り付けるのか?

f:id:sjmrkm:20200428144315j:plain

この部分に指を突っ込みます

f:id:sjmrkm:20200428144348j:plain

金具が収納されてました

11Lは必要最小限の収納容量

では中身を見ていきましょう。

f:id:sjmrkm:20200428144445j:plain

小さいポケットも含めて全部で6気室あります

メインスペースのほか背中側にちゃんとPCスペースがありました。これは無いと思ってたので嬉しい誤算。

メインスペースには内ポケットなどの仕切りは無し。電源やケーブル類をまとめたポーチ、A4書類を入れたクリアファイルなどを入れようと思います。

 

フロント側には2つの大きなポケットがあります。BACKPACK 2.0同様、iPad miniを入れるのにちょうどいいサイズ。

そして、その2つのポケットにそれぞれ薄い小物用ポケットが付いてます。名刺入れやポケットティッシュが収まり良さげです。

 

ちなみにすべて止水ジッパーなので少々の雨なら問題なさそうです。

 

なお、PCスペースは13インチのMacBook Airが余裕で入りますが、なにせバッグの素材が極薄なので、そのまま入れるのははばかられます。

f:id:sjmrkm:20200428144914j:plain

15インチは厳しそう。16インチは無理かな

僕はスリーブケースに入れてから収納しようと思います。

f:id:sjmrkm:20200428144952j:plain

この状態でも自立するのすごい

本製品最大の謎。6番目の使い方が分からない

6WAY BRIEFCASEという名称ですが、6通りの使い方がいまいちわかりません。

①バックパックスタイル。まぁほとんどこの使い方になりそうです。

②ブリーフケーススタイル。客先へ行く時なんかはこの方がいいですね。

③ショルダーバッグスタイル。ちょっとおじさんぽいですが便利なんですよ。

④手提げのバリエーションとして縦方向の手持ち。これはたぶんやらないですね。

⑤縦の手提げベルトを目一杯長くして肩掛けすれば無理やりトートバッグ。これは絶対やらないと思います。

 

はい、これでも5WAYです。

 

あとひとつが分からない。

 

誰か教えてください。

 

追記

親切な方が教えてくれました!

なるほどこういうことか!

 

まとめ

さていかがだったでしょうか。

 

オールブラックでブランドロゴすら無しというシンプルなデザインながら、

一般的には使われないダイニーマの質感が個性を際立たせています。

入手できる機会が限られているため、街でそうそう他人とカブることは無いでしょう。

 

実際に背負ってみて感じたのは、軽さです。

スペックによると11Lモデルは730gだそうですが、とにかく数字以上に軽いと感じます。

 

残念ながらいまはリモートワークなので背負う機会が少ないですが、

これから平日の相棒として使い込んでいこうと思います!

f:id:sjmrkm:20200428150005p:plain

現在は売り切れているようです

this-is-not-a-store.com